HOME > 企業情報 > 沿革
昭和46年 静岡県浜松市龍禅寺町でプラスチック再生のための粉砕加工業開始
昭和47年 現在地にて操業開始
昭和47年 ナカタニ式押し出し機を購入、ペレット加工業開始
昭和50年 有限会社 中部日本プラスチック(資本金300万円)に法人化
プラスチックリサイクルに関する事業を総合的に展開
昭和53年 台湾向け輸出業務開始
平成6年 プラスチック原材料の輸出業務を本格的に開始
平成7年 産業廃棄物収集運搬業資格取得
平成15年 株式会社 中部日本プラスチックに組織変更(資本金1000万円)
平成15年 CHUBU HONG KONG(香港支社)開設
平成16年 貿易事業部 事務所 (浜松市常盤町)に移設
平成17年 ISO14001認証取得
平成18年 本社新社屋竣工、貿易事業本部に統合
平成20年 株式会社 中部日本プラスチック 関東支店を開設
平成20年 輸入(バージン原料、リサイクル原料)を本格的に開始
平成22年 東南アジアにリサイクル協力会社確立
平成23年 自社ブランド ラチュール 販売開始
平成24年 資本金を3000万円まで増額
平成25年 シンガポール支社設立
平成27年 株式会社 中部日本プラスチック 西日本支店を開設